前ページ
今度は「ウソ」の看板が!
−実際は「流通センターの花火大会」の為だった・・・−



第3工区遊水地に行く為上土IC近くに来ると流通センター方向から花火が数発上がった。丁度朝9時頃です。競輪の単
発の花火に比べると連発で違うようだ。聞くと「流通センターの花火大会」が夜あるという。野鳥観察棟の駐車場の入口に
来ると表記のような看板が立っていた。仕方ないのでその前に車を止めバーをまたいで遊水地に入る。ズッと奥の方まであ
るいたが何一つ「観察会」は行われておらず人も誰もいなかった。そこで看板の内容と実際を改めて考えてみた。3月の「
土砂搬出」の看板は表現が適切でないと書いたが今回は全くの「ウソ」だ※。流通センターの花火大会を車で見に来て遊水
地の駐車場に止められると混雑して事故も起こりかねない。そこで「ウソの観察会」をでっち上げてこの様な看板を造った
に違いない。もし私の言うことが逆に「ウソ」ならば県土木事務所は8/22(土)にどこの団体が何時から何時まで何の「観
察会」をやったのか明らかにすべきである。絶対明らかに出来ないだろう(やっていないのだから・・)。規制は夜の花火大会
が終了するまで続いたであろう。夜「観察会」を開く人はいないので花火大会の時は規制を解除すべきであった。鳥で言
えば「野鳥の会静岡支部」が年数度「探鳥会」を開いているが規制などは一度もなかった。逆に「観察会」で今回のように「規
制」するならそんな「観察会」など許可しないのが常識だろう。まさか皇族が来た内閣のビップが来た訳でもないだろう。私は
流通センターの花火に反対でもまた混雑が予想されれば当然管理者が「規制することにも反対」の立場ではないことを明ら
かにしておく。私も野鳥観察で県内によく出かける。すると「○○日花火大会で通行止め。ご協力お願いします」などの看
板を最近よく見る。これと同じでこの場所が道路でなく駐車場であっても管理者が混雑や事故等が予想されれば規制すべ
きである。私が言いたいのは「正直に表現すべきではないか」ということである。逆に何故正直に表現出来ないのかそれが
疑問である。たとえば「流通センター花火大会の為混雑が予想され今日一日駐車場は使用できません」とか・・こんな表現
で良いのではと思う。またこれで何か問題があるのだろうか?そのことが分からない。役人とは頭がよいのでこんな風にしか
表現できないのだろうか?縦の物を横にしなければ気が済まないのであろうか?確かに県も市の役人も私が「第1工区の
公園化」に反対し何度か電話で問い合わせした時も必ず「詭弁」という「手法」を使った。今回も看板一つでそのようなこと
をしているのだろうか?こういう「ウソ」を付き繰り返すことは県民を「愚弄」している。県庁は何の為にあるのか?自問自答す
べきである。当然「県民の為」に県庁はある。その県民をウソを付いて「愚弄」していい訳はないだろう。でなければ「県民を
愚弄する県庁はいらない」ということではないだろうか?長く県庁に勤めると県民から見てこんな変な風土に染まってしまっ
てそれに気が付かなくなるのだろうか?それと「ウソ」の看板2枚、締めて予算は15万円県税で出したとなると県民は「踏ん
だり蹴ったり」だ。これなら看板など造らず警備員を2名雇って(流通センター負担)駐車場前の橋の所に立たせた方がよ
っぽどもマシなような気がする。

※「ウソ」が事実であれば「虚偽の表示」として「公務員法違反」に該当するのではないかと思う。

2015,8,22撮影・記

前ページ